PR/IR

次世代のログ分析の新プラットフォーム、『LogStare® Reporter』を販売開始

2020.11.5

ログの相関分析やビッグデータ分析による性能予測を可能にするクラウドサービスをSaaSモデルで提供

ログのビッグデータ分析と将来予測によってインターネット空間における安全性や利便性を高めるため、セキュリティ運用ソフトウェアのプラットフォーマーとして株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、JASDAQ:3042、以下セキュアヴェイル)が今年8月20日に設立した株式会社LogStare(本社:東京都中央区、代表取締役:米今政臣)は、本日11月5日、セキュアヴェイルより引継ぎ開発し、次世代のログ分析・セキュリティ運用基盤と位置づけるLogStareシリーズより、ログの集計、レポート、相関分析等の機能を提供する新たなプラットフォームであるSaaSモデルのクラウドサービス「LogStare Reporter(ログステア レポーター)」の販売を開始しました。

新サービスとなる「LogStare Reporter」は、2001年の創業時からSOC(Security Operation Center)サービスを提供し続けるセキュアヴェイルの豊富な運用ノウハウと、ログのビッグデータ分析を実現する大量データ分散技術を用いて独自に開発を進めていた、SaaSモデルの純国産のログ分析プラットフォームです。今年8月にはLogStareに開発を引き継ぎ、今回、新しく販売することになりました。

「LogStare Reporter」では、ネットワーク機器、セキュリティアプライアンス、アプリケーションサーバー等、社内インフラの様々なシステムを分析対象とし、複数のログソースを横断した相関分析、複合条件によるセキュリティ・アラート、ビッグデータ分析から導かれるシステムの性能予測などの機能を提供します。

また、クラウドサービスとして提供するため、一般的に高負荷となるビッグデータ分析処理を、ハイスペックなハードウェアを用意することなく手軽に利用いただけます。 セキュアヴェイルが持つSOCノウハウを反映して開発したログパーサーやレポートテンプレートが標準で提供されるため、専門知識を必要とせず、契約日から高度なログ分析・レポート機能が使用可能です。価格は年額60万円(税別)からで、利用ユーザーの増加に伴う追加費用はありません。

LogStareは今後も、セキュアヴェイルが創業時から長年培ったSOCノウハウを活かしてLogStareシリーズの開発を継続し、セキュアヴェイルグループ全体で企業のIT運用に不可欠なセキュリティ運用製品およびサービスの開発・提供を行なうことで、国内におけるサイバーセキュリティ水準の向上、社会課題の解決に貢献して参ります。


PaloAlto PAシリーズ、FotiGateシリーズ、ActiveDirectory、SquidやApacheなど、多様なシステムに対応。ログパーサーやレポートテンプレートが標準提供される。画像はPaloAlto PAシリーズのSyslogを攻撃元IP別に集計したレポート。
ポータル画面には監視対象(ログ収集対象)の機器それぞれのステータスや、アラート発報状況などのサマリーを表示することができ、社内システムの統合管理を支援する。

株式会社セキュアヴェイル概要

2001年設立。創業以来ネットワークセキュリティに特化して、コンサルティング、設計、構築、運用、監視などのサービスからログ分析システムやネットワーク運用監視システムの開発、提要、保守に至るまで、企業や組織の情報システムの運用をサポート。24時間365日セキュリティシステムの運用を監視するマネージメントサービス「NetStare」、ログ分析管理分析ソフトウェアの「LogStare」のブランドのもと、累計4000社以上にサービスを導入。システムセキュリティを確保し、事業運営を安心して継続させるために、「安全」で「役立つ」サービスを提供します。

株式会社LogStare概要

2020年8月に株式会社セキュアヴェイル(JASDAQ:3042)の出資によって設立。AIによる高精度なログ管理・ログ監視を提供する、純国産のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズを開発、販売。 LogStare製品は、無償版・有償版を合わせ4000人以上のユーザー様にダウンロード、ご利用いただいています。


本件に関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

Contact

お気軽にお問い合わせください。