システム監視

LogStareは、ネットワーク上のあらゆるシステムを可視化し、リアルタイムで監視します。障害時のアラートはもちろん、レポート作成や統計分析も可能です。

LogStare画面イメージ
Monitor

監視

システム監視のプロトコルとして一般的なSNMP、ICMPはもちろん、メトリクス監視やURL監視の機能も備え、ハードウェア、ソフトウェア、クラウドサービスなど様々な監視対象を一元管理。GUI上で直感的に確認できます。

死活監視(Ping監視)

死活監視(Ping監視)

PingコマンドでICMPパケットを送り、その戻りの有無をデータとして記録します。

トラフィック監視

トラフィック監視

SNMPポーリングで監視対象デバイスのネットワーク送受信データ量を収集します。

リソース監視(性能監視)

リソース監視(性能監視)

SNMPポーリングで監視対象デバイスのCPU・メモリー・ディスクなど、リソース状況やパフォーマンスを収集します。

インターフェース監視

インターフェース監視

SNMPポーリングで監視対象デバイスのインターフェースのリンク状態を確認します。

ポートステータス監視

ポートステータス監視

監視対象ポートに対してのTCPコネクションの接続確立の有無を確認します。

URL監視(外形監視)

URL監視(外形監視)

応答コード、レスポンスタイム、改ざん有無、指定文字列の有無を監視することができます。

メトリクス監視

メトリクス監視

仮想基盤やアプリケーション、ミドルウェアから、REST APIにてJSON形式のメトリクス情報を収集します。

ログ監視(テキストマッチング)

ログ監視(テキストマッチング)

SyslogまたはWindowsイベントログにおいて指定したキーワードを含むログをリアルタイム監視します。

対象機器において監視可能な情報を自動認識

LogStareのSNMP監視は、SNMPポーリングによって監視対象デバイスが持つ標準MIBや拡張MIBの情報を収集します。
LogStareのシステム内部で各ベンダーの拡張MIBの情報をデータベース化しているので、IPアドレスを指定するだけで自動的に監視対象の機器名やメーカー名、監視可能な拡張MIB項目を認識します。

監視項目を自動認識

監視項目を自動認識

監視項目DBは日々アップデートされています

監視項目DBは日々アップデートされています
Visualize

可視化

すべての監視対象システムのステータスやアラート状況をポータル画面に集約。システム環境の「いま」が直感的に一目でわかり、運用・監視業務の生産性を向上させます。

リアルタイムモニタで障害状況を一括把握

リアルタイムモニタで障害状況を一括把握

重点モニタリング項目はダッシュボードに集約

重点モニタリング項目はダッシュボードに集約

ダイナミック・ステータス・ビューワ(DSV)を活用すれば障害発生箇所が即座に特定でき、原因切り分けが迅速化。遠隔地の障害対応にも役立ちます。

障害発生時は炎や雲のアイコンで通知

障害発生時は炎や雲のアイコンで通知

ドリルダウンして詳細を確認

ドリルダウンして詳細を確認
Alert

アラート

異常発生時にはメールやチャットでリアルタイムにアラート通知されます。GUI上でアラートを一覧表示し、1件ずつ順番に確認していくこともできるので、運用・監視業務の実態に即した活用が可能です。

メールによる通知

メールによる通知

チャットツールによる通知

チャットツールによる通知

監視アラート一覧

監視アラート一覧

ドリルダウンして個別画面で詳しく確認

ドリルダウンして個別画面で詳しく確認
Analyze / Report

分析・レポート

LogStareは、SNMPやICMPによるポーリング結果をログとして保管し、必要に応じた検索・分析や、定期的なレポート作成が可能です。

監視データ表示画面

監視データ表示画面

Syslogとの相関分析も可能

Syslogとの相関分析も可能

監視レポートの例

監視レポートの例

PDF形式での出力も可能

PDF形式での出力も可能
Trial

まずは無償版/評価版でご体験ください

Contact

お気軽にお問い合わせください。