ニュース

ITエンジニア限定のeスポーツ大会「LogStare eSports Series」第2回大会はPokémon UNITE

2021.09.27

ITセキュリティ業界の活性化を目的にエンジニアの交流の場を提供

セキュリティ運用のプラットフォーマー、株式会社LogStare(読み:ログステア、本社:東京都中央区、代表取締役:米今政臣、以下LogStare)は、LogStareが主催するITエンジニア限定のeスポーツ大会「LogStare eSports Series」第2回大会を、『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)』を競技種目とし2021年11月13日に開催することを発表します。

LogStare eSports Seriesは、ITセキュリティ業界の活性化とITエンジニアの交流を目的にLogStareが主催し、グループ会社の株式会社セキュアヴェイル(本社:大阪市北区、代表取締役社長:米今政臣、JASDAQ:3042、以下セキュアヴェイル)、株式会社キャリアヴェイル(本社:東京都中央区、代表取締役:佐藤聡、以下キャリアヴェイル)が後援するeスポーツ大会です。 ITセキュリティ業界初の試みとして今年6月に第1回大会が開催され、規定数を超えるエントリーを集め盛況のうちに幕を閉じました。

第2回となる11月の大会は今年リリースされたばかりの注目タイトル『Pokémon UNITE』を競技種目とし、最大256チームのエントリーを受け付けます。
第1回大会同様、ITセキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」および国内外のゲーム情報を広く扱う「Game*Spark」を運営する株式会社イードが開催をバックアップし、『Pokémon UNITE』公式大会の開催実績を持つ株式会社JCGが運営に当たります。 エントリーは大会公式サイトにて近日中に開始される予定です。

LogStareは「LogStare eSports Series」を通じ、継続的にITエンジニアの交流の場を提供するとともにITセキュリティへの興味を喚起し、業界の活性化とIT人材不足の解決を支援して参ります。

大会公式サイト:https://logstare.j-cg.com

第1回大会の様子
LogStare eSports Seriesキービジュアル

株式会社LogStare概要

2020年8月に株式会社セキュアヴェイル(JASDAQ:3042)の出資によって設立。AIによる高精度なログ管理・ログ監視を提供する、純国産のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズを開発、販売するソフトウェアメーカー。LogStareはSOC事業者やデータセンター事業者などのIT事業者をはじめ、さまざまな業種・業界4000社以上の導入実績を誇る。

株式会社セキュアヴェイル概要

2001年設立。創業以来ネットワークセキュリティに特化して企業や組織の情報システムの運用をサポートする国内では数少ないITセキュリティ専業企業。24時間365日セキュリティシステムを監視する統合セキュリティ運用サービス「NetStare」は累積導入実績4000社以上、常時1.1万台のセキュリティ機器を監視し、1日25億件ものログを収集する。
企業のシステムセキュリティを確保し、事業運営を安心して継続させるために、「安全」で「役立つ」サービスを提供します。

株式会社キャリアヴェイル概要

2017年5月に株式会社セキュアヴェイル(JASDAQ:3042)の出資によって設立。ITエンジニア不足の課題解決への貢献を事業コンセプトとし、「ITエンジニアの創出・育成」を事業活動の核としてエンジニアのスキルアップを常に図りながら、「人材の提供」と「サービスによる支援」の両面からお客様を支援し、ITエンジニア不足という社会的な課題の解決に貢献して参ります。


※記載されている会社名および商品名は、各社の登録商標または商標です。
※本件に関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

資料をダウンロードできます

まずは無償版/評価版でご体験ください

お気軽にお問い合わせください