LogStare M365の評価をご希望のお客様へ

お客様が契約しているMicrosoft 365の管理者権限で、下記の手順に従い
①監査ログ出力設定 ②アプリケーション登録 をお願いします。
①②を設定の上、③初期設定に必要な情報 を本ページの下部にある申し込みフォームにご記入ください。
※評価期間は2週間となります

①監査ログ出力設定

設定方法は下記の記事にて解説しています。
Microsoft 365 監査ログの取得方法

記事の目次より「2. 事前の準備 M365 監査ログの出し方」をクリックし、記載されている設定を実施してください。

②アプリケーション登録

この操作は、LogStare M365がお客様のMicrosoft 365から監査ログを収集するために必要な、APIのアクセス許可を行う操作です。

設定方法は下記の記事にて解説しています。
Microsoft 365 監査ログの取得方法

記事の目次より「5. LogStare CollectorでM365 監査ログを取ってみた」をクリックし、手順1~3を実施してください。
※手順1および手順3の情報が ③初期設定に必要な情報 の記入に必要です
※手順2の設定後、下の図のようにアクセス許可が2つ追加されていることをご確認ください

追加されたアクセス許可(赤枠部分)

③初期設定に必要な情報

LogStare M365の初期設定に必要な情報は下記の通りです。

  • アプリケーション(クライアントID)
  • オブジェクトID
  • ディレクトリID(テナントID)
  • テナントドメイン
  • シークレットID
  • シークレットキー( “値” の部分)

下の図を参考に必要な情報を確認の上、申し込みフォームにご記入ください。
※図中の”対象手順”とは ②アプリケーション登録 において実施した手順です

初期設定に必要な情報

LogStare M365 評価申し込みフォーム

    お名前

    メールアドレス

    会社名

    部署名

    ※ない場合は「なし」と記入

    電話番号

    ご契約中のMicrosoft 365プラン

    ※Business Premium、E3、E5 等のプラン名を記入

    ご契約中のMicrosoft 365の契約数と利用人数

    ①②の設定作業日

    ※①監査ログ出力設定、②アプリケーション登録、二つとも実施した上でご記入ください

    アプリケーション(クライアントID)

    オブジェクトID

    ディレクトリID(テナントID)

    テナントドメイン

    ※AzureActiveDirectoryの管理画面の概要欄などに記載されています

    シークレットID

    シークレットキー(値)

    ※設定時に一度だけ表示されます。コピーし忘れた場合はシークレットIDを再作成して取得して下さい